困る相談者

1、期待していた答えと違うからと言って…
  交通事故の賠償金額がいくら取れるか教えて下さいというような、そのものズバリの回答を求められる相談が結構ありますが、これは弁護士としては、「最大限これだけで、このような問題点があるから減額される可能性がある」という程度の回答しか出来ません。最終的に判断するのは裁判官で、弁護士はこちらに出来るだけ有利な結論を書いてもらえるよう努力することしか出来ないのです。
 交通事故ですと、相手方にも交通事故の専門的知識を有した顧問弁護士を依頼されておられるケースが大半ですので、相手方の方の対応によって結論が変わりうる訴訟や交渉等の結論は、神ではない弁護士には回答がしようもありませんし、確率的に回答できるはずがありません。
 このような回答をされると、期待していた答えと違うことから、不機嫌になる相談者がたまにおられます。
 我々は法律のプロであり、プロの回答が、自分の求めていたものと違うからといって、不機嫌になられるのでは、我々弁護士も相談に回答をする意味合いがなくなってしまいます。
 自分の気に入らない回答だからといって、不機嫌になってほしくないものです。

2、先生が決めてください
  民事裁判というものは、他でも述べたように、保証できる結論というのはありません。私は常々、結果を確約する弁護士は危険だと相談者に言っています。
 もちろん、依頼者が希望する結論が明らかに依頼者の利益に反することが分かっているケースもないではないですし、そのような場合には代理人として指摘はしますし、説得もしますが、最終的に事件の結論は、依頼者が決めるものです。
 我々弁護士は、リスクの説明をしてアドバイスは出来ますが、判断するのは、依頼者自身なのです。

3、その他
  もちろん、弁護士に対して、自分の考えていることを伝えるのは重要ですが、やはり弁護士も人間ですので、お互いに言い方には配慮したいものです。
 最近は、問題弁護士が取り上げられることが多いので、弁護士に対して不信感を抱いている方も中にはおられますが、依頼されている弁護士さんを信頼することも重要です。