紛争はなぜ起こる

民事に関する紛争の相談が後を絶たない。離婚、交通事故、金銭トラブル等々…。
 こうした、民事紛争に関する争いが起こる原因としてはいろいろなことが考えられるが、われわれ弁護士が取り扱っている民事紛争では、法律の解釈そのものが問題となる事例というのは以外に少ない。
 紛争の中身は、事実関係に争いがあり、その事実関係さえ争いがなくなれば、争解決するという事件がほとんどである。
 事実関係に争いがある事件で、特に問題なのは、どちらかが完全に嘘をついている場合である。
 AさんがBさんに対して、100万円を貸したが返ってこないので返すよう裁判を出したいと言われ相談に来られた。私はその依頼を受け、裁判を出したが、Bさんは法廷に来て、自分は借りた覚えがないと言う。
 このような場合、AさんかBさんのどちらかが嘘をついているはずである。しかし、裁判官は、言い分を聞いただけでは、どちらが嘘を言っているか分からない。
 そこで、言い分を裏付ける証拠が必要となってくる。
 よく、裁判官は、「真実がわかっているはずだから大丈夫なはず」などと考えておられる依頼者もおられるが、私は、そういった依頼者には、裁判官は、タイムマシンに乗って、お金の受け渡しをしている現場を体験出来るわけではないから、あなたが証拠によって事実を証明しないと負けますよと説明している。
 また、あなたが歴史的知識として、織田信長が本能寺で死んだということが分かるのは、明智光秀が謀反を起こして、本能寺で信長を討ったという歴史的史料が残っているからですよ、そうした史料がない古代の歴史については、かなりの部分を「推測」するしかないから、実際に過去にあった事実とはずれている場合もあるかもしれないでしょうと説明している。
 すなわち、Aさんは、何らかの証拠を出して、Bさんに100万円を貸したのだなと裁判官に理解してもらわないと、裁判に負けてしまうのである。
 100万円の領収書や、借用書などを取っていればよいが、そのようなものがない場合には、Aさん本人の供述や、そのお金をどこから用意したのかの裏付け資料程度しか証拠がないということになってしまう。
 このような場合、実際はBさんは借りているにもかかわらず、Bさんが度胸のある人で、法廷で堂々と話をするのに比べて、小心者のAさんがメロメロになってしまったなどということがあれば、裁判官は、Bさんを信用してBさんを勝たせるかも知れない。
 そのようなことになれば、Aさんは裁判の費用がかかった上に、貸した100万円も戻ってこないということになり、泣きっ面に蜂である。
 このように、後日、無用の紛争を招かないためにも、人にお金を貸す場合には借用書を取るなど、一定の証拠書類を残すようにしていただきたい。
 そのほかの契約をする場合でも同様である。

これも朝日新聞に掲載された原案です。