名義貸しにご用心

気軽に他人に名義を貸していませんか?

 A子さんは、今年成人式を終えたばかりの新成人。彼氏のB君から、消費者金融会社に行って、自分が返していくから、50万円を借りてきて欲しいと言われました。A子さんは、現在会社員で、これまで借入をしたことはありません。A子さんは、B君が返していくならいいかと軽い考えから、B君に言われた消費者金融会社に1人で行き、50万円を無事借りることが出来、その50万円をそのままB君に貸しました。そのとき、返済に必要だからと言われて、カードも渡しました。彼氏であるということで消費者金融会社に借入するときに書いた暗唱番号も教えました。
 A子さんは、その後B君と別れ、自分がB君に言われて借りたことも忘れていました。
 いつものように仕事を終えて自宅に帰ると、かつて借りに行った消費者金融会社から電話がありました。今月の返済が滞っているので、支払って欲しいということでした。しかも、残額は100万円になっているとのことでした。
 A子さんは、あれはB君が借りたもので、自分は使っていないし、B君が返していくと言っていたから、B君に言ってください、自分は支払う必要がないはずだと言って電話を切りました。
 みなさん、このA子さんの言い分、法律上認められると思いますか。
 答えは、「認められない」です。
 法律上は、あくまで借り主はA子さんであり、消費者金融会社から請求された場合には、A子さんは支払う義務があります。A子さんとB君との間の約束は、第三者である消費者金融会社を拘束できません。
 また、最近の消費者金融会社では、返済を継続していくと、借入の限度額が増え、枠の範囲内では何度も貸し借り出来るようになっています。
 暗唱番号を教えていたということは、法律的には、A子さんは、B君に、今後の借入をすることを承諾したということになってしまい、当初の50万円を越える100万円全額についても支払う義務を負ってしまうのです。
 また、このような場合、B君が支払を続けてくれていれば問題は起きませんが、たいていの場合、他人に借りてきて欲しいという人は既に自分が借りまくって借りられない状態になっていますから、返済しない可能性が高いと言って間違いないでしょう。
 実際によく大学生がひっかかる詐欺の一例も紹介しておきましょう。
 C君は、大学のサークルの先輩のD君から、いいアルバイトがあるからやらないかと誘われました。消費者金融会社5社で50万円ずつ借りてきて、それをEという人物に渡せば、1割をアルバイト代としてくれる。返済はEがしてくれるので心配ない、自分もこのバイトで25万円を儲けて、それでバイクを買ったという話でした。C君は、これはいいバイトだということで、早速D君の言ったとおりにして、25万円をもらいました。C君は、これはいいバイトだということで、サークルの同級生にも誘いをかけたところ、6人もの友人が同様の方法でアルバイト代を儲けました。C君はいいバイトを紹介してくれたとして、一躍人気者です。
 みなさん、こんなバイト成り立つと思いますか?もうおわかりですよね。
 他人に名義を貸さないようにしましょう。