破産するのに必要な資料

いよいよ弁護士さんに頼んで債務整理、破産をすることになりました。用意する資料にはどのようなものがあるのでしょうか。


  債務整理の場合には、家計の収支、一括の支払なら、お金を弁護士さんに預けること、債権者の一覧表です。債権者一覧表は、クレサラ相談でもらえます。
  破産の場合でもそうですが、債権者一覧表は、債権者名・住所は最低限正確に記入してきて下さい。弁護士の方では、債権者が誰かというのは、あなたの申出がないと調査のしようがありません。また、記載漏れがないようにして下さい。
  また、債務整理の場合には、書き換えなどは除いて、一番最初に借りただいたいの日時を書いて下さい。
  次に、破産の場合について述べていきます。
  住民票謄本、戸籍謄本、不動産があるなら不動産の登記簿謄本(取り方がわからない人については、依頼した弁護士さんが取ってくれます)、自宅が賃貸の人は、賃貸借の契約書、家計収支表過去2ヶ月分(1ヶ月にいくら収入が入って、いくら出ていくか。紙は何でも結構です)、債権者一覧表、給料をもらっている人は、給料の明細過去2ヶ月分、家族の預金通帳すべて(持参する前に、記帳して下さい)、借用書など、借入の関係資料すべて(業者こどに整理してきて下さい。また、クレジットカードは返却しないといけないので、弁護士さんに預けて下さい。)、財産目録(財産にどのようなものがあるかを一覧にして。自動車を所有しているときは、登録証が必要。生命保険などの保険についても、解約返戻金があるなしにかかわらず、弁護士に届け出るように。働いている人は、退職金の有無にも注意。)、陳述書(1、あなたがどこで生まれ、どこの学校をいつ卒業して、どんな仕事をしてきたか、いつ誰と結婚して、いつ子供が産まれたかなどの人生歴。2、現在の生活状況。同居の家族、1ヶ月の収入と支出。3、破産に至る経緯。はじめて借入をしたのはいつで、何のために借りたか、その後、借金がここまでどうして膨れ上がったか。これは裁判官の知りたいところなので、できるだけ詳しく。)
  事業者については、このほかに、帳簿、税金の申告書などが必要となりますが、個人の破産の場合も含めて、詳細は担当の弁護士さんに相談して下さい。