怖〜いヤミ金融について

1、ヤミ金とは
  貸金業の登録をしておらず、また、貸金業の登録をしていたとしても、超高金利で基本的に小口の貸付を行い、返済が出来なくなると暴力的な取立を行うものをヤミ金といいます。

2、ヤミ金への対処法
 まずは借りないことです。安易に借りようとしていないか、自分自身をよく振り 返ってみましょう。
 万が一借りてしまったら、弁護士に1日も早く相談されることです。京都弁護 士会では、毎日クレジット・サラ金の専門相談を実施しています。
 借りたものは返すのが原則ですが、ヤミ金の貸付は、超高金利で暴利行為で あるため、公序良俗に違反する行為として、返済義務自体を否定する裁判例 も出てきているところです。
 金利には規制があり、この規制を越えて約束をしたとしても、支払う義務があ りません。
 相手は法律の無知につけこんで支払わせようとしますが、超高金利の約束は 、いくら約束したとしても、あなたに支払義務はないことを十分認識しましょう。
  暴力的な取立てにあったら、弁護士会や警察に相談されるとよいでしょう。
  相手の暴力的な取立てについては、録音する等の手段が有効ですが、ヤミ金 はどこの誰か分からないことも多いので、弁護士や警察が介入して努力をしても 、取立てが止まらないこともありますので、注意が必要です。

3、空貸しなどの手口
 最近は、借りてもいないのに、債権譲渡を受けたとして返済を迫る空貸しとい う手口や、名簿屋から情報を入手して勝手に送金する押し貸しという手口も出 てきているところです。
  空貸しについては、借りたことがないのですから、そのような通知は無視すること です。連絡を取ったりすると、カモであると思われて執拗な取立てを受けることに なります。
  押し貸しについては、勝手に送金して金利を取ろうとするということで、極めて 悪質ですが、情報が流出している場合、これを完全に防止する手段はないとも 言えます。従って、安易に自分の銀行預金口座の情報や、親族の情報を教え ないよう注意が必要です。
  アンケートと称して、いろいろな情報を引き出す手口も後を絶ちませんが、安 易に自己の情報を開示しない姿勢が重要です。