架空請求にご用心!

Q1 突然身に覚えのない請求が来たけれどどうしよう…?分からないし、不安だから、書いてある電話に電話して確認してみよう!

 →絶対に電話してはいけません!
ここがポイント
  架空請求業者は、どこからか流出したあなたの個人情報を元にして、葉書やメールを送ってきています。従って、あなたの方から電話をかけるということは、相手にさらにあなたの情報を教えてしまうことになります。相手に電話番号が分かってしまえば、身に覚えのない請求であったとしても、まるで本当にあなたに対して請求できるかのように怒鳴ったりして暴力的に支払うよう要求してきます。
  従って、葉書などが来ても、放っておくことが一番です。

Q2 でも、住所も書いてあるし、電話番号も携帯電話じゃなくて固定電話だから、実在する業者ではないのかな…?不安だから、やっぱり電話して確認してみよう!
 →絶対に電話してはいけません!
ここがポイント
  住所が書いてあるからといって、必ずそこに事務所があるとは限りません。電話一本だけ置いて、電話や郵便物は転送されていることもありますから、住所や電話が固定電話だからといって、実在するとは限りません。不安がらないで下さい。

Q3 でも、最高裁判所から許可を得たとか、法務省が認可しているとか、警察が認可しているとか書いてあるし…。こんどは弁護士事務所から来た。弁護士の事務所なのに、携帯電話しか書いてないなあ。ちょっとおかしいと思うけれど、やっぱり不安だから、電話して確認してみよう!
 →絶対に電話してはいけません!
ここがポイント
  裁判所が回収を許可したり、法務省や警察などの公益団体が回収することを認可することはありません。また、弁護士が葉書やメールで請求することもありませんし、ましてや弁護士事務所が携帯番号しか書いていないこともありえません。

Q4 でも、過去にアダルトサイトをだいぶ利用したことがあるし、自分には社会的地位もあるから、家族や会社のみんなにばれたら困るなあ…。不安だから、確認のために電話してみよう!
 →絶対に電話してはいけません!
ここがポイント
 よく葉書やメールを見て下さい。具体的にどのサイトでいくら使っていくら未納か書いていますか?本当にその葉書が滞納料金分であれば、当然こうしたことが書いてあるはずです。どこからかあなたの個人情報を入手して、騙そうとしているのです。

Q5 実際に支払ってしまった!どうしよう?
 すぐに支払ってしまった銀行に電話をして、詐欺の被害にあったから相手の口座を凍結してくれるようにいいましょう。また、自分が振り込んだ銀行にも、送金手続を停止してくれるように依頼しましょう。送金してから時間が経っていなければ、取り戻せる可能性はあります。送金したお金が引き出されていたりしたら、あなただけではどうしようもないので、弁護士会に相談に行きましょう。
ここがポイント
 時間が経てば経つほど引き出されている可能性が高くなります。すぐに銀行に電話しましょう。

Q6 裁判が出されることがあると聞きましたが…。裁判を出されたら、支払わないといけないのでしょう?
 まれに、パソコン上の画面を契約する意思なくクリックしたり、携帯電話で誤操作したために契約が成立したとして、訴訟を出してくるケースがあります。しかし、このような場合には、あなたには契約する意思がなかったのですから、裁判で戦うことが必要となってきます。言われるがままに支払う必要は全くありません。
ここがポイント
 →裁判が出されても、実際に契約していないのであれば、争うことで支払義務がないという判決が出ます。安易に支払わないようにしましょう。

Q7 裁判所からの書類のようなものが来たのですが…。裁判が出されたのでしょうか?身に覚えはないけれど、裁判って怖いし、すぐに支払わないと!
 ちょっと待って下さい。
 本当に裁判所から来た書類ですか?裁判所の中の郵便局から送って、まるで裁判所から来たかのように思わせる詐欺行為も見受けられます。
 裁判所から来る書類は、「特別送達」という特別の郵便で来ますから、あなたが直接受け取らないとだめなことになっています。
 このような「特別送達」という特別の郵便で来ていない以上、裁判所からの書類ではありません。よく封筒を確認しましょう。
 架空請求業者は、実体が誰が分からないことから警察などの捜査ができないことに、いわば彼らの「売り」があるのであって、逮捕されるかもしれないのにのこのこ裁判所まで来ること自体考えにくいことです。
 東京在住の方が大阪簡易裁判所で訴えられた例があったようですが、これは極めてレアケースであり、架空請求業者からの請求を放置する=訴訟が出されるかも知れないというのは、実際には極めてあり得ない事例ですので、安心して下さい。
ここがポイント
 本当に裁判所から来た書類か、よく確かめてみましょう。分からないときには、弁護士会や消費生活センターに相談に行きましょう。

Q8 今度は本当に裁判所から書類が来たのですが…。私は京都に住んでいるのに、札幌で裁判が出されています。旅費のこととか考えたら、支払ってしまおうかと考えています。もちろん、身に覚えはありません。
  レアケースに当たってしまわれたようですね。
  しかし、身に覚えがないのであれば、わざわざ札幌に行く必要はありません。
  裁判というものは、一定の条件があれば、「移送」といって、あなたの住所地の裁判所に送ってもらえるのです。
  そのやり方は、「移送申立書」と「本案前の答弁書」というものを出すのですが、これは難しいので、弁護士会や消費生活センターに相談されるとよいでしょう。
ここがポイント
   裁判が出されたからといって慌ててはいけません。必ず出された裁判所で裁判をしないといけないということはありません。

 どうでしたか?架空請求業者はあなたを騙そうと狙っています。この注意を読んで、少しでも被害が減ることを祈ります。