弁護士と専門

1、弁護士に専門ってありますか?
  このような質問も多く聞かれます。しかし、特殊な分野(特許や外国との契約締結交渉)を除けば、多くの弁護士に特別に「刑事専門」とか「民事専門」とかいうのはないと思われます。
また、離婚に強い弁護士や、刑事に強い弁護士を紹介して欲しいとか、先生はこの分野に強いかなどと言われることも多いものですが、よほど特殊な分野でないかぎり、手がけた件数に差はあれ、特別にこの分野だけというのはないのが通常であると思われます。後は個別の弁護士の能力に関わるところですので、分野というよりは、依頼される弁護士の能力が高いか低いかということになってくると思われます。

2、弁護士の力量ってどうやって判断したらいいですか?
  それでは、弁護士の能力はどうやって判断すればよいのか?ということになると思います。これは、いちがいには言えませんが@よくあなたの話を聞いてくれるかどうかA費用のおおよその説明があるかどうかB契約書をきちんと作成してくれているかどうかC裁判の進行について、きちんと連絡をくれているいかどうかC事件を依頼した場合、長く放置されていないかどうか、などがメルクマールになってくると思います。疑問に思うことがあれば、依頼されている弁護士に聞かれるか、担当の弁護士に不満があるのであれば、京都弁護士会には苦情を受け付ける窓口もありますから、相談されるのも手でしょう。
 ただ、我々弁護士からすれば、ここまでやっているのにまだ苦情を言われるのか…。と暗澹たる気持ちになる不良依頼者も希にはいますが…。