中隆志法律事務所の概要

 弁護士数3名・事務員3名
 二条通河原町の交差点を西に30メートルほど入っていただくと、南側に面している白いビルの5階が事務所です。
 1階が延寿堂薬局です。

自己紹介

昭和45年(1970年)生で、大阪市出身です。
 京都大学法学部を卒業後、2年間の司法修習を経て、平成8年に京都弁護士会で弁護士登録しました。実務修習は札幌でした。
 その後、6年半福井法律事務所で勤務し、平成14年9月に独立して中隆志法律事務所を開設しました。平成20年9月に現在の事務所に移転しました。
 これまで、数多くの破産、債務整理、個人再生、交通事故事件、刑事事件、遺産分割、その他損害賠償請求事件、売掛金の請求、賃貸借のトラブル、会社の破産や債務整理、消費者被害事件、離婚事件、労働関係、犯罪被害者支援事件、少年事件を手がけてきました。民事再生の申立をし再生計画が認可された事件や再生の監督委員もしております。ほとんどの事件は手がけておりますので、お問い合わせ下さい。大企業の事件はありませんが、個人の依頼者や中小企業の依頼を数多く受けています。

取扱業務

○交通事故事件(主として被害者)
  損害保険会社の顧問はしていません。
○離婚・相続・遺言等家事事件
○交通事故以外の各種損害賠償事件
○自己破産申立事件(個人・会社)
○民事再生申立事件(個人・会社)
○債務整理事件(個人・会社)
○破産管財事件
○消費者被害事件
   先物取引・証券取引被害
  各種クレジット被害事件
   節電機被害京都弁護団事務局長
○不動産関連一般(借地借家事件含む)
○労働関係事件
○その他各種交渉事件、民事事件一般
○各種契約書作成
○手形小切手事件
○民事保全事件
○民事執行事件
○上記に属さない各種企業法務
○犯罪被害者事件(被害者側)
○刑事事件、少年事件
○これら取り扱い業務に付随する法律相談

その他

○京都弁護士会役職(平成27年度)
 平成21年には副会長を務めました。
 平成27年度
   法律相談センター運営委員会 委員長
   弁護士偏在問題対策委員会  委員
   消費者・サラ金被害救済センター運営委員会
   犯罪被害者支援委員会
   検察審査会BTほか
○日弁連 法律相談再生PT 座長
○弁護団など
 リース被害京都弁護団事務局長
 福知山花火大会爆発被害弁護団 事務局長
○その他
 こちら京都弁護士会2003年版の原稿を執筆
 著作、小説で読む倒産法(法学書院)
○趣味
 サッカー
  京都弁護士会・裁判所合同の京都法曹サッカー部監督兼選手(フォワード)
 読書
  推理小説、自然科学系、歴史小説。
  好きな作家は津本陽、隆慶一郎、池波正太郎、横溝正史、レイモンド・チャンドラー、ダシール・ハメット
  投げ釣り、渓流釣り

弁護士紀啓子
弁護士紀啓子の自己紹介
弁護士堀田康介

弁護士堀田康介の自己紹介